自信がない 恋愛 原因

ポジティブでいたいのに後ろ向きになってしまう…あなたがネガティブ思考に陥ってしまうワケ!

自己肯定感が低い人は、日々の暮らしの中でも後ろ向きになりがちで、いつしかそれが当たり前になっています。

 

ポジティブさを失っていては、恋も上手くいかないでしょう。
なぜネガティブな人は、ネガティブな思いに支配されてしまうのでしょうか?

 

恋の経験が少なく、不慣れ

恋愛経験に乏しく、恋に不慣れであることが、女性に影を落とす場合があります。

 

恋に限ったことではありませんが、前例が少ないことに取り組むときには、多かれ少なかれ怖いという思いが生まれるものですよね。

 

例えば全く言葉の通じない国に今すぐ飛び込んでこい、ついでに買い物もしてこい。なんて命令されたらどう思います?楽しそうなんて感じますか?一番に来るのはおそらく怖さでしょう。

 

言葉も通じないし、生活様式もガラリを変わってしまう。
そんな中に自信をもって飛び込めと言われても、まあ無理な話です。

 

恋愛経験が少ない人にとって、恋愛も上記の例のように未知なものなのです。
人との心の繋がりである恋愛は、全てを経験で知っていくしかありません。
その経験があまりないのですから、自信を持てないのも仕方がないでしょう。

 

またわずかな経験の中に嫌な記憶が居座っていて、トラウマ化している可能性もあります。そこからネガティブなイメージだけを膨らませてしまっているのかもしれません。

 

内面・外面共に難点あり?

女性が直面しがちな問題として、モテる要素の多くが容姿に集中していることがあります。
特に合コンなどは、その傾向が顕著ですね。

 

合コンの席に容姿端麗な女性が一人いれば、もう話題・視線・人気、全ての中心が彼女です。そういうシーンに「注目されない女性」の立場で参加してしまうのはきついものがあります。

 

美人がちやほやされている、自分はちやほやされない、自分はルックスが悪いのだ、という図式が出来上がってしまうわけですね。

 

それに加えて、性格的にも明るくないのが非モテの原因だと、自分で自分を責めて傷つけている傾向もみられます。

 

実際には周囲もそこまで低スペックな女性だなんて思ってないのに、一人相撲で追い込まれていって自信を無くしてしまうようです。

 

何だか悲しいですし、なによりもったいないですね。

 

必要以上に他人と比較している

自信を持てない人には、確固たる自分を確立できていない傾向がみられます。
根本にあるのは「人目が気になってしまう」という心理でしょう。

 

人の目を過剰に気にしてしまう人の特徴としては

 

  • 長女である
  • 正義感が強い
  • 間違いを許せない
  • 完璧主義
  • 自分をほとんど褒めない

 

こういった点があげられます。
項目全体にいえるのは「周囲からの評価を意識するあまり恐れまで抱いている」ということです。

 

そして意中の相手が出来れば、より人からの心証を意識してしまうでしょう。
自己肯定感が低いと、上記のような傾向が特に顕著なのです。

 

これまでの生活で恋人のいた期間が短いため、いざ彼が出来てみると別れを恐れて、悪い男のいいなりなってしまうことも。どうも必要以上に尽くしてしまう女性が多いようですね。

 

思い詰める確率が高い

自信がないゆえに思い詰めるというのは良くある話です。
なんてことない問題でも、内にためこんで肥大化させてしまう。

 

上記のようなタイプは、喜ぶべき場面でも杞憂してネガティブシンキングに陥ってしまい、結局悪い想像を働かせるという悪循環を自ら生み出しています。

 

職場・交友関係の影響

仕事や友人との関係でトラブルがあると、それを直視することを拒んでしまう。
そこに恋人の存在が加わると「あなただけいれば」と、彼に縋りつきます。

 

これが一時的なものであれば、女性には割とあるシチュエーションに思えます。

 

しかしこれが長期化して、恋人にズルズルと寄りかかり続けていると「依存」や「重い」という印象を抱かせるでしょう。

 

彼の心証としても、女性本人の精神としてもよろしくない状態ですので、なるべく速く脱出できるように図りましょう。