恋愛 自信がない

恋愛に一歩踏み出せないのはなぜ?

「恋をしたい」でもなかなか先に進めない。恋愛に奥手な女性は一体何が原因で自分にセーブをかけてしまうのでしょうか。
考えられる要因を4つ挙げてみました。下記の中であなたに当てはまるものがありませんか?
もしそうなら今までの自分から一歩踏み出すには何が必要なのか。
新しい恋をスタートする為に、まずは自分を振り返ってみませんか?

 

経験値が低い

 

  • 男性とお付き合いをしたことがない
  • 男兄弟や男友達が少なく、男性と関わった経験が少ない

 

「何事も経験」とはよく言いますが、それは男性との付き合いでも同じです。
男の人とどう接したらいいのかわからない、という人はきっと異性の差がわかるようになった幼少期の頃に自分の周りに男性が少なかった、もしくは関わる機会が極端に無かった可能性があります。
そしてそのまま成長してしまったためにどのように付き合ったらよいのかと頭で考えるようになってしまい、異性とうまく接する事が出来ないのです。

 

自身にコンプレックスがある

頑張って出会いの場に参加しても、自分以外の女性は綺麗な人ばっかり。
一緒に話してる男性たちもとっても楽しそうだし、私なんか・・・・

 

「私なんか。」そう思ってる女性の多くは自身に強いプレックスを抱えている場合が多いです。

 

太っている、肌が汚い、面白い話が出来ない、可愛くない・・・

 

自分のコンプレックスを挙げればきりがありませんし、
「こんな自分を受け入れてくれる人はどこにもいない」そう感じてしまったら男性に近づくことすら出来なくなりますよね。

 

常に周りの目が気になる

周りの人にどう思われているのかが心配で、自分のしたいように行動出来ないことも恋愛に奥手になってしまう理由として挙げられるでしょう。
この性格をいい風に言うとすれば、周りに合わせられる、空気を読める、なんて風にも捉えられるのでしょうが、気にしすぎるばっかりに自分が本当にしたい事が出来ないというのは、自分にとってはマイナスでしかありません。

 

考えすぎてしまう

物事に慎重な人ほど、行動する前に考えてしまうクセがついてしまっています。
しかし時にはいくら考えても答えが出ないときもあります。恋愛なんていうのはまさにその典型例。

 

相手ありきの事ですから、相手の気持ちなんてものはいくら考えても実際のところ自分ひとりでは正解の答えを出すことはできません。
かといってこういうタイプの人は「とりあえず考える前にまず行動」という事もできません。

 

だから一人で悩みに悩んでも結局のところ、前に進めないのです。

 

 

一歩が踏み出せない事に共通する根本的な問題はなに?

結局の所、一歩が踏み出せない女性たちは「失敗する事を恐れて無意識に予防線を張ってしまっている」パターンが多いです。

 

上の4つの要因に当てはめて考えると、

  1. 「男性と上手くしゃべれないからやめておこう」
  2. 「可愛くない私なんか相手にされないからやめておこう」
  3. 「あの人とじゃ不釣り合いって周りに思われそうだからやめておこう」
  4. 「告白して、もし友達のままがいいなんて言われたらどう返そう」

 

もし、失敗してもいい、なる様になる、なんてポジティブに立ち向かえるのならば、「だからやめておこう」なんて予防線も張る事はないですよね。
失敗は誰しもしなくないものですが、失敗を乗り越えてこそ変わる何かがある事も事実です。
だからこそ挑戦できるのに挑戦しない、自分を守って予防線を張ってしまうなどという事は自分にとってマイナスにしかなりません。

 

恋愛に自信がない女性が劇的変化!4ヵ月で男性と手繋ぎデートする方法!

 

恋愛に自信がない女性たちの恋愛傾向とは?

失敗を恐れてしまい何かにつけて言い訳をしてしまう『恋愛奥手女子』の人達は、そこそも何か事を起こす前に「やっぱりやめておこう」となりがちです。

 

恋愛するにはまず相手探しをしなければいけません。
でもどうせだめだから、やっぱりやめておこう。となるんですね。

 

そんな彼女たちを見るに見かねて周りの人が半ば強引に合コンに連れていってしまっても
「あの人とはうまくいかなそうな気がするからやめておこう」
「笑い方が気になるからやめておこう」

そんな些細な事で理由をつけて、せっかくのチャンスを逃がしてしまうのです。

 

もし仮にそのうちの誰かと付き合えたとしても、
「やっぱり不釣り合いなんじゃないか」
「周りの人や彼は私の事どう思っているんだろう」

と感じ始めると一緒にいられなくなって最終的に上手くいかなくなります。

 

結局のところ、いつまでたっても恋愛出できないままなんですね。

 

 

 

 

そんな奥手女子たちが「恋愛初心者」を脱出するためには?

そんな恋愛に自信がない女性たちでも恋をすること、そして彼氏を作っていずれ結婚することはもちろんできます!
ただし、現状のままの自分ではいけません。

 

今まで彼氏がいなかった、もしくは付き合った経験が少ない女性たちは「自分には何が不足しているのか」
今一度自分を見直して、自分の事を知り、前向きに改善していく必要があります。

 

 

○先ほどの要因に当てはめて考えてみよう

@の経験値は友達や知人に解決してもらおう!

経験値が浅い、だからといってじゃあ試しに誰とでもいいから付き合ってみて経験値を増やそう、なんて短絡的な事では絶対にNG。

 

それに誰かと付き合うなら、ちゃんと好きだと思える相手じゃないと嫌ですよね?
そこで経験値の代わりに友達のコイバナを聞いて知識を補ってもらいましょう。

 

または男性を紹介してもらって、まずは友達として出かけたりする中で男性に対する免疫をつけていくのもとてもいいです。
その人が恋愛対象になるか、ならないかはまた別の話です。

 

実際に恋愛経験のある友達から話を聞く事で恋愛に対するイメージが今までよりも固まるはずですし、男性と接する機会が増えれば、今まで男性とかかわる機会が少なかった人でも抵抗なく接する事ができるようになります。

 

「男性相手に何をしゃべったらいいのかわからない」なんて思っている女性でもこういう事で男性に慣れる事により、いざ初めての男性と対面した時でも、緊張してどうしたらいいのかわからない、なんて悩みもなくなります。

 

Aのコンプレックスは努力する、そしてまずは自分の事をいい所を自分で見つけてあげる

太っているならダイエットする、肌に自信がないならスキンケアに頑張る、人と話すのが苦手なら会話術を身につける、自分でどうにも出来ないことも中にはありますが、どうにか出来るコンプレックスならそれを言い訳にする前に克服する努力をしましょう。

 

それすらしないで「どうせ自分なんて」といっているのは周りの人からみるとイライラしてしまうだけです。
そして否定的な言葉を使う女性はまず嫌われます。それは男性女性問わずです。

 

物には何事も二面性があります。コンプレックスに対してだって同じこと。
太っている女性が嫌いな男性もいれば、それを好む人だっています。
もしあなたの抱えているコンプレックスが解決出来ないようなものであるならば、逆にそれをプラスとして捉える事はできませんか?

 

たとえば、「自分はハーフじゃなくて純粋な日本人が良かった。」と感じている人がいるとします。
彼女が両親とも日本人である純粋な日本人にとても憧れているのならば、ハーフであるという事はコンプレックスになっているかもしれません。

 

しかし、ハーフであるという事は2か国の血を引いており周りとは少し顔だちも違うし、ハーフなのが羨ましいなと思う人も多くいる中でこの悩みはおかしいよ、と感じる人もいるのも事実です。何事もプラスに捉える事はできるのです。
あとは自分自身を自分が認めて好きになってあげるかどうか。

 

そしてコンプレックスもあるでしょうが、自分の好きな所だってきっとあるはずです。
今はきっと、嫌な事ばかりに目がいってしまって、自分の良い所が見えにくくなっているだけ。

 

あなた自身が自分の事を好きになれないのに、相手には好きになってくれって結構むちゃぶりだと思いませんか?

 

B周りは自分が思う程あなたの事を気にしてない!

周りにどう思われているか気になって何もできない人は、こう思っておいたらいいでしょう。
「一個人の事なんて誰も興味ない」は極端すぎますか?でもそれくらい思っておいた方が動けるでしょ?
結局の所人って、周りを見ているようで見ていないんです。関心ごとは自分の事ばかりで赤の他人なんて風景と一緒。

 

だからもしあなたが何かやりたい事があっても、周りの目を気にして何もしないなんてばからしいですよ。
通りすがりの人があなたの事を四六時中見ていると思いますか?もし本当に見られているのだとしたら、それはきっと好意を持たれてるんですよ。

 

だからやりたい事があったら人目を気にする事なくやらないと後悔します。
恥ずかしい思いをするのは自分だけです。誰も見てません。

 

C考えすぎない

行動よりも思考が先に動いてしまうのは悪い事ではありません。
人間は考える事が出来るために失敗を回避する事ができるのですから。

 

しかし、初めての事にたいして失敗したくないがばっかりに考えすぎるというのは良くありません。
初めてのことなら尚更、やってみないと答えがでないという事もあります。

 

その典型例は「相手の気持ち」ですよね。
告白したい。けど相手の気持ちがわからない。

 

これっていくら考えても答えは出ません。時には行動を先に起こすことも大切です。

 

 

恋愛に自信がない女性が劇的変化!4ヵ月で男性と手繋ぎデートする方法!

 

 

○その他の脱出方法も見てみよう

「出会いがない」という言い訳

出会いがないって男女問わずよく耳にします。
確かに家と会社の往復だけだと毎日同じ顔触れですし出会いもないのもわかります。
でも、それって自分次第でいくらでも変えれるんですよ?

 

今や婚活ブーム。婚活から派生して友活、恋活、なんでもござれです。
出会いの方法だって、婚活パーティー、結婚相談所、街コン、スマホアプリ、などなど本当に多種多様なものがあります。
それらを利用しないで出会いがないなんて言葉は使ってはいけません。

 

面白い話ができないから男性とは喋れない

上記のような出会いの場にいく人っていうのは比較的社交性が高い人の方が性に合っているのも事実。
話ベタの人だったらきっとこういう場に参加するという事だけで精一杯になってしまうかもしれません。

 

そこでおすすめめなのが、自分の得意分野をもっておくことや興味のある事をはっきりさせておくことです。
それらに共通した知り合いだったら、知り合ってからの会話も話題に困る事がありませんよね。
そして共通の趣味を通してもっと仲良くなれるかもしれません。

 

男性側としても知り合った女性とは話を広げようと頑張っているはず。
「趣味は?」と聞かれて答えられない女性というのは、話が続けられなくて一番困るというデータもあります。

 

自分から話題は触れなくても、せめて相手の質問には返せるようにはなりたいですよね。
決して「面白い話をしなくてはいけない」なんて頑張る必要は全くなし。

 

恋愛だけでなく、仕事や趣味も充実させてみる

恋愛したいってただひたすら思っていると、結構周りから見たらガツガツしているように見えます。
「恋愛したいって言っているクセに何かと理由をつけて行動しないやつ」なんて思われてたら最悪ですよね。
確かに女だから恋はしたい。だけど、生活スタイルがそれだけになってしまってはいけません。

 

仕事だって趣味だって同じように充実させることが大切。
そういう場面で生き生きしているあなたを見て誰かが目をとめてくれるかもしれませんし、仕事や趣味が充実して回ると、恋愛の方も上手く回っていくものなんです!

 

 

恋愛に自信がない女性が劇的変化!4ヵ月で男性と手繋ぎデートする方法!

 

 

さて、あなたはどうでしたか?もし自分が『恋愛奥手女子』に当てはまっているようなら、自分を少し変えて一歩を踏み出すだけで、きっと素敵な恋ができるようになりますよ!